チョコレート(chocolate)を紹介しています。おやつ、ちょっとした気分転換、お祝い、バレンタインなどなど、みんなが大好き!と言ってくれる一つがチョコレートですよね。


無料レポート「あの人はなぜ、いつも成功するのか?」の詳細はこちら
    

チョコレートの歴史(日本編)

NO! ビジネス心理戦で絶対に負けない「超」交渉術

安全性が高い検査です

グラビア・ザ・ワールド

1797年(寛政9年)
長崎の遊女:大和路の貰った品として「しょくらあと」との記述があります。
また、同年発行の文献に、「しょくらあと」の記述のほかに、味についてや
食し方(飲む方法だったらしい)もありますので割と長崎では、この時代と
いっても食べている(飲んでいる)人が多かったと推測されます。
チョコレート(しょくらあと)恐るべし。


日本のチョコレートの近代化の始まりは、森永太一郎氏による
森永商店(後の森永製菓)だと言われます。1899年(明治32年)。
チョコレートの広告を日本で初めて出したのも森永商店です。
広告媒体は、明治37年の「報知新聞」。

有名どころでは、不二家洋菓子舗が1913年(大正2年)、
東京菓子(後の明治製菓)が1918年(大正7年)にチョコレート
製造を開始してます。


今でこそ一般に広く普及しているチョコレートですが、一つだけ
その要因を挙げろといわれたら、個人的な意見ではありますが
【1929年(昭和4年)に原料の輸入関税が撤廃】されたことでしょう。
販売価格にはどうしてもコストを考えないといけません。
日本で生産されないカカオ輸入関税が無くならないと価格は
下げられませんので大衆化するため重要なキーだと思います。

PRESIDENT (プレジデント) 2012年 6/18号

京都抹茶ラングドシャ

only my railgun <初回限定盤>TVアニメ「とある科学の超電磁砲」OPテーマ

     

【チョコレートの歴史】
歴史(世界編)

マヤ文明、アステカ文明
上記の遺跡の壁画、石碑などから、カカオが栽培されていたと
既に証明されています。

また、BC2000年ごろには栽培されていたといわれております。

チョコレートの語源は、アステカ人?が「カカバクアルイトル」と
呼んでいた樹の実(カカバセントリ。種の部分をカカオトル)で
作っていた飲み物のことで、これを「ショコラトル」をいいます。

この「ショコラトル」、現代のチョコレートとは全然違いまして
ただ「苦い」だけ・・・
だって、カカオトルをすりつぶしただけですからね。

現代チョコレートの基になった考えを作り出したのは、
スペイン人です。
「苦いなら、甘い砂糖を入れてやればいいじゃん」って感じだった
のではないでしょうか。征服の歴史も複雑に絡んでいるのでこんなに
「甘く」はなかったでしょうが、体に良いカカオだが、苦いのは
イヤだ! じゃあ、砂糖で甘くして飲みやすくすればいいだけ。

チョコレート、深いですね〜。


なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?

(PR)株式投資ゴールデンルール 結婚 ケーキやお菓子は大人気

チョコレート 至福のひとときをTopへ